スイッチの物語

Titanスイッチでは、構想から製造までの全てがROCCAT社内で行われました。分かち難い機能性と造形美の両立したデザインは、そのスイッチの性能を思う存分楽しませてくれます。このスイッチはメカニカルスイッチの感触を好むと共により正確で、より高性能なものを求めるゲーマーのために開発されました。

ですがスイッチをより正確かつ高性能にするとはどういうことでしょう?ROCCATにとって、これは特定のタイプのスイッチにおけるもっとも理想的な要素を、開発全体の根幹に置くことを意味しました。タクタイルTitanスイッチとスピードTitanスイッチはこのようにして生まれたのです。これらのスイッチにおいては、あらゆる部分のあらゆるパーツの細部までもが、求める感触とスピードを実現することを念頭に置いて設計されています。また、メカニカルスイッチの理想に新たな生命を吹き込み、長年の間無視されてきた設計に革新を起こす事でもありました。

最適化を施された主な設計には、1.8mm(タクタイル)と1.4mm(スピード)のアクチュエーションポイント、それに加えて跳ね返りを抑えたスイッチ接触、強化型透明ハウジング、そして調整済みファームウェアがあります。この全てが組み合わさり、最高のキーストロークをもたらすのです。

跳ね返りを抑えるメカニクス

メカニカルスイッチにはチャタリングが付き物です。キーを押すたびに、スイッチが跳ね返ったり電気接点にうまくかみ合わなかったりして、オンとオフを高速で切り替え続けてしまいます。これでは1回のキーストロークが複数回認識されたり、またはまったく認識されない結果につながることがあります。通常のキーボードファームウェアはこの問題に対応するよう設計されており、信号が落ち着くまでは読み取らないように遅延を取り入れています。

タクタイルTitanスイッチとスピードTitanスイッチはこの問題に正面から取り組み、高品質なメカニカルコンポーネントを活用して、スイッチの物理的な跳ね返りを最小限に抑えました。また、跳ね返りの減少に合わせてファームウェアの再プログラミングも実施しました。こうすることで、キーストローク信号をアクチュエーションから素早く読み取れるようになり、Titanスイッチは競合製品より20%早く検出できるようになりました。スピードスイッチの場合は、なんと30%も早く信号が検出されるのです。

あなたと競争相手がまったく同時にキーを押したとしたら?あなたのキーストロークの方が早く認識されます。非常にシンプルです。

最高のキーストローク

スピードのためのスピードは何の役にも立ちません。ROCCATでは、高速性の感覚が、制御と正確さの感覚とバランスが取れていることが重要と考えました。タクタイルスイッチにおいては、最高のキレの良さと反応性をもたらすためにキーストロークが最適化されています。スピードスイッチにおいては、パフォーマンスの限界を押し上げると共に、極めてスムーズで安定した感覚を保っています。

この目的のため、ROCCATは速さを最適化しようとしましたが、その方法はありふれたものではありませんでした。タクタイルスイッチにおいてアクチュエーションポイントを静かで感触の良い1.8mmに短縮し、トラベルディスタンスは3.6mmに設計しました。スピードスイッチでは1.4mmと3.6mmになっています。参考までにこれはそれぞれCHERRY MXの茶軸と赤軸に大まかに対応しています。

また、Titanスイッチは特製ハウジングを備え、スイッチを補強してより丈夫な作りになっています。キーにしっかりとした感触を与え、激しくキーを押したり深く押し込んだりした場合でもグラつきを抑えます。さらにスイッチ内部のパーツをホコリから保護できる利点もあり、メンテナンスも簡単です。

これらの要素が組み合わさり、真に特別なキーストロークが生み出されるのです。

広がる光

Titanスイッチは、先進的なAIMOライティングエンジンを最大限に活用して開発され、生き生きとしたライティング効果を備えています。

各スイッチが長寿命LEDを持ち、個々に1600万色が織り成す複数のイルミネーション効果を設定できます。Titanスイッチのハウジングも完全透明で、パワフルなLEDライティングをより一層輝かせます。

グッと明るく、鮮やかで、素晴らしいイルミネーションをお楽しみください。